SAP認定コンサル-管理会計(CO)想定過去問_製品原価計画_解説付き

SAP認定試験-管理会計の問題集です。実際の試験を受験、合格したうえで問題集を作成していますので、本試験に近い精度です。当問題での正答率70%が、本試験の合格水準になります。

作業手順の作業について、製品原価計算に加味するかを設定します。どのような設定をすればよいですか。
※正解:2つ

A. 作業手順ヘッダで用途キーを定義する
B. 作業に割り当てられた管理キーの原価フラグをマークする
C. 作業の作業区に原価センタを割り当てる
D. 作業の原価計算関連フラグをマークする

正解:BD

既存の標準原価見積の数量構成にもとづいて、新しい標準原価見積を作成します。どのオブジェクトを使用しますか。

A. 原価計算タイプ
B. 転送管理
C. 参照バリアント
D. 原価計算バージョン

正解:C

参照バリアントは、参照目的で既存の原価見積にアクセスすることが可能。同じ数量構成に基づいている個別品目原価見積、原価積上実行、受注原価見積、および受注BOM原価見積を登録することが可能。※実機のヘルプ参照

似た項目に転送管理があるが、こちらは計算の制御に利用するため、答えではない。

品目の標準原価を更新する手順は、次のどのステップですか。

A. 原価を分割する。
B. 原価見積をリリースする。
C. 原価見積を有効化する。
D. 原価見積をマークする。

正解:BD

標準原価見積を行う手順の中に、計算した原価見積に対して、ステータスを更新する処理がある。それが、マーク、およびリリースである。

  • マーク:計算した原価見積を、将来の原価見積にセットする
  • リリース:計算した原価見積を、現在の原価見積にセットする

原価計算表で間接費をどのように定義することが可能ですか。
※正解:2つ

A. 等価係数として
B. 比率(%)として
C. ロット基準の追加料金として
D. 数量基準の追加料金として

正解:BD

間接費は、間接比率(B)、もしくは数量基準間接費(D)によって決まる。それぞれSPROからカスタマイズできる。

次のどの機能を使用すると、一次原価構成分割を定義できますか。
※正解:2つ

A. ビジネスプロセス価格計算
B. 配賦周期の実行
C. 内部指図の決済
D. 原価センタ/活動タイプ価格計算

正解:AC

一次原価構成分割は、「原価を一次原価に遡って見れる機能」という。原価は、減価償却費など配賦された二次原価が含まれるが、これを一次原価まで遡って表示させる。

参考:一次原価構成分割

原価計算表は次のどのオブジェクトに割当しますか。

A. 転送管理
B. 原価計算バリアント
C. 原価構成レイアウト
D. 評価バリアント

正解:D

以下の紐づき。

  • 原価計算バリアント
    • 評価バリアント
      • 原価計算表

原価計算バリアントの原価計算タイプによって、次のどのパラメータが制御されますか。
※正解:2つ

A. 品目の価格
B. 価格更新
C. 原価計算表
D. 日付をキーに含めて保存

正解:BD

実機では原価計算タイプの中に「パラメータ保存」のタブがあり、これがDにあたる。

原価計算実行によって次のどのパターンを実行できますか。
※正解:2つ

A. 1つのプラントにおける製品原価コレクタ原価見積
B. 1つの管理領域のすべてのプラントにおける全品目の標準原価見積
C. すべての管理領域内の全品目の現在原価見積
D. 1つのプラントにおける全品目の在庫原価見積

正解:BD

CK40Nにおいてパラメータで指定できるのは、プラントや品目コード。プラントや品目については全選択も可能。その他、原価見積の転送あり/なしも選べる。よって、BDは可能。ACは選ぶ方法が用意されておらず不可。

原価構成レイアウトについて、原価構成ごとに何を決定できますか。
※正解:3つ

A. 原価構成が在庫評価に関連するかどうか
B. 原価計算表での間接費の計算基準に対する原価構成の割当
C. 原価構成が結果分析に関連するかどうか
D. 原価構成が製造原価に関連するかどうか
E. 原価構成グループに対する原価構成の割当

正解:ADE

活動基準原価計算のテンプレートでは、次のどのオブジェクトを選択できますか。
※正解:2つ

A. WBS要素
B. 業務プロセス
C. 原価センタ/活動タイプ
D. 内部指図

正解:BC

参考:原価構成

品目マスタレコードには3つの予定原価があります。これらの使用目的は次のどれですか。

A. 標準原価見積のリリース中に標準価格を更新する
B. 原価見積で品目を評価する
C. 在庫移動を評価する
D. 品目在庫を評価する

正解:B

実機MM03のヘルプ参照。

製品原価管理中にテンプレートを使用して間接費を管理します。どのようにテンプレートを品目に割当しますか。

A. 特殊調達タイプと間接費グループを使用する
B. 発生源グループと間接費グループを使用する
C. 間接費グループと間接費キーを使用する
D. 利益センタと間接費キーを使用する

正解:C

テンプレートは、間接費キーと原価計算表で決まる。
C:間接費キーは、品目マスタ(MM03)>原価計算1タブ>間接費グループ>間接費キー、で品目に紐づく。正答。
B:発生源グループは、原価要素との組み合わせで間接費を細かく追いたい時に使う。ただし、ここから原価計算表とかは紐付かない。
A、D:特殊調達タイプは、外部調達とかを管理している。関係なし。利益センタも関係ない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました