SAP認定コンサル-管理会計(CO)想定過去問_原価センタ会計_解説付き

SAP認定試験-管理会計の問題集です。実際の試験を受験、合格したうえで問題集を作成していますので、本試験に近い精度です。当問題での正答率70%が、本試験の合格水準になります。

活動タイプマスタレコードでは、次のどの項目を設定できますか。
※正解:3つ

A. 活動タイプカテゴリ
B. 有効な原価センタカテゴリ
C. COバージョン
D. 会社コード
E. 価格フラグ

正解:ABE

活動タイプカテゴリ:製造原価における加工費を管理するための項目。(加工時間、組立時間、など)
原価センタカテゴリ:原価センタを分類するもの。製造部門や本社部門など。
COバージョン:バージョンごとに金額データを管理することが可能。例えば、実績と計画でバージョンを分けて予実差を計算する、などに利用する。原価登録時にCOバージョンを指定するため、活動タイプの設定項目ではない。
会社コード:会社という組織を管理する項目。活動タイプは複数の会社に跨って利用するものであり、活動タイプの設定項目ではない。
価格フラグ:原価計算に関する制御を行っている。(活動数量から自動計算する、マニュアルで登録する、など)
よって、ABE。

SAP S/4HANAでは、どのようにして原価要素マスタを登録しますか。
※正解:2つ

A. 原価要素として登録することで、すべての一次原価と二次原価が記録される。
B. 一次原価と二次原価がG/L勘定で記録される。
C. 二次原価は二次原価要素として記録されるが、G/L勘定としては記録されない。
D. 一次原価のみがG/L勘定で記録される。

正解:AB

FS00から原価要素を登録すれば、G/L側(SKA1、SKB1)とCO側(CSKB)の両方に登録される。

間接活動配分を実行しています。センダとレシーバにはどのデータが転記されますか。

A. 数量と原価の両方がレシーバに転記され、原価のみがセンダに転記される。
B. 数量と原価の両方がセンダに転記され、原価のみがレシーバに転記される。
C. 数量と原価の両方がセンダとレシーバの両方に転記される。
D. 原価のみがセンダとレシーバの両方に転記される。

正解:C

「間接活動配分によって、何が転記されるか」が問われている。(「間接活動配分をする前に何を準備するか」ではない。)
間接活動配分は、センダにある活動数量をレシーバに自動で配分する(周期を利用)。このときセンダの活動数量×活動価格で算出される原価も配分される。(付替になり、センダにマイナス値、レシーバにプラス値の原価が登録される形。)また、センダの数量も付替される。つまり、センダ:原価と数量のマイナス値、レシーバ:原価と数量のプラス値が転記される。よってC。

会社内で複数の原価センタを設定する必要があります。類似した原価センタに対して同じ属性を割り当てるには、原価センタマスタで次のどの設定を使用しますか。

A. 機能領域
B. 原価センタカテゴリ
C. 原価センタタイプ
D. 活動タイプ

正解:B

機能領域は、法的要件を満たす際などに利用される区分。
原価センタカテゴリは、原価センタを分類するもの。製造部門や本社部門など。
原価センタタイプという項目は、そもそも存在しない。
活動タイプは、活動を定義するもの(加工、組立、など)。使い方がまったくもって異なる。そもそも原価センタマスタに設定できない。
よって、B。

原価センタの標準階層を最も的確に説明しているのは、次のどれですか。

A. SAP S/4HANAの組織単位のうち、収益と原価が発生して報告される単位。
B. 決定、管理、責任の各単位を表すために、代表階層と統合される階層。
C. 管理領域内の類似した原価センターに対して同じ属性を割当できるようにする階層。
D. 管理領域内のすべての原価センタが割り当てられている構造。

正解:D

原価センタグループは大きく2つある。
標準階層:すべての原価センタが割当されている原価センタグループ
代替階層:標準階層以外の原価センタグループ。目的に応じて作成する
よって、D。

会社の原価センタを設定する必要があります。間接費を管理するための原価センタを、どの項目を用いて定義しますか。

A. 機能領域
B. 原価センタカテゴリ
C. 原価センタタイプ
D. 標準階層の最上位ノード

正解:B

「間接費を管理するための原価センタをどうやって設定するのか」という設問。原価センタカテゴリで原価センタの役割を指定できるので、Bが答えかと。
ADは解答として的外れ、Cの「原価センタタイプ」という項目はそもそも存在しない。

次のどのオブジェクトに統計キー数値を利用できますか。
※正解:2つ

A. 利益センタ
B. 原価センタ
C. G/L勘定
D. 機能領域

正解:AB

統計キー数値は主に、付替や配賦処理で使用される。統計キー数値を登録できる領域は原価センタ、利益センタ、収益性セグメントの3つ。よって、AB。

管理会計ではどのように番号範囲を管理、更新しますか。

A. 業務トランザクション別
B. 伝票タイプ
C. 会社コード別
D. 転記キー別

正解:A

管理会計では、業務トランザクションごとに番号範囲を設定する。よって、A。

管理会計でマニュアル原価配分を使用する目的は何ですか。
※正解:2つ

A. 実績データの単純配分を実行するため
B. 配分周期を使用して原価を配分するため
C. 計画データの単純配分を実行するため
D. 二次転記を修正するため

正解:AD

Tr-CD:KB15N(マニュアル原価配分入力)に関する設問。この画面は手入力でセンダ原価センタ、レシーバ原価センタを入力して金額を登録するもの。
実績画面なので、Cは違う。周期を指定することもできないため、Bも違う。よって、AD。

1つの原価センタから別の原価センタに対して、一次原価と二次原価を配分しようとしています。次のどの配分方法を選択しますか。

A. 間接活動配分
B. 定期再転記
C. 付替
D. 配賦

正解:D

それぞれの周期設定画面、カスタマイズのヘルプで確認できる。
間接活動配分:活動数量を間接的に決定することができる。二次原価を指定できるが、設問の意図とはマッチしない。
定期再転記:「ある原価センタに一括計上されたものを、期末に配賦する」際などに利用。電気代を期末に配賦など。二次原価指定不可。
付替:一次原価の配分を行う。二次原価をまとめて指定することができない。
配賦:一次原価、および二次原価を別の原価センタへ配分する。設問の答え。
よって、D。

管理会計での配賦周期に固有の属性、特性は次のうちのどれですか。
※正解:2つ

A. 一次原価のみを配分する。
B. 配分中に元原価要素を使用する。
C. 一次原価と二次原価を配分する。
D. 配賦中に二次原価要素を使用する。

正解:CD

配賦は一次原価と二次原価を二次原価(配賦原価要素)へと配賦する。付替は一次原価のみである点が異なる。ABは付替の説明。
正解はCD。

コメント

タイトルとURLをコピーしました