【FI】カスタマイズ一覧

パラメータ項目トランザクションコード関連テーブル備考
組織ユニット
企業構造>定義>財務会計
編集/コピー/削除/チェック: 会社コードOX02T001会社コードのコード値を登録する。
また、既存の会社コードをコピーして作成することも可能。以下のオブジェクトがコピーされる。
・定義
・グローバルパラメータ
・カスタマイジングテーブル
・G/L勘定(必要な場合)
・勘定設定
定義: 事業領域OX03TGSB
定義: 機能領域SM30:V_TFKB
定義: セグメントSM30:V_FAGL_SEGMFAGL_SEGM
定義: 利益センタKE51CEPC利益センタにセグメントを割当するのもこちら。
割当: 会社コード→会社SM30:V_001_YT001会社コードを会社IDに割り当てる。※「登録グローバルパラメータ」でも可
管理領域に対する会社コードの割当OX19TKA01
TKA02
管理領域に登録した会社コードを割り当てる。
登録グローバルパラメータT001会社コードを会社IDに割り当てる。※「割当: 会社コード→会社」でも可
元帳
財務会計>財務会計共通設定
有効化: 新総勘定元帳新総勘定元帳の有効化
財務会計>財務会計共通設定>元帳>元帳
定義総勘定元帳の元帳
※S/4:定義: 元帳および通貨タイプの設定
SM34:FINSVC_LEDGERFINSC_LEDGER
FINSC_LD_CMP
総勘定元帳の基本設定
割当: シナリオおよびユーザ定義項目→元帳
※S/4:定義: 元帳および通貨タイプの設定
SM34:FINSVC_LEDGERFINSC_LEDGER元帳に割当されているシナリオを設定
定義: 総勘定元帳
※S/4:定義: 元帳および通貨タイプの設定
SM34:FINSVC_LEDGERFINSC_LEDGER非リーディング元帳の定義
定義/有効化: 非リーディング元帳
※S/4:定義: 元帳および通貨タイプの設定
SM34:FINSVC_LEDGERFAGL_LEDGER_SCEN非リーディング元帳を会社コードごとに有効化する。
定義: 元帳グループSM34:VC_FAGL_LDGRPMAP元帳グループを使うことで、複数の元帳に同時転記が可能
会計年度・会計期間
財務会計>財務会計共通設定>元帳>会計年度および会計期間
更新会計年度パリアントOB29T009
T009B
会計年度バリアントの登録、設定。
割当: 会社コード→会計年度バリアントOB37V_001_U会計年度バリアントを会社コードへ割当する。
会計期間>定義: 会計期間バリアントOBBOT009
T009B
会計期間>割当: バリアント→会社コードOBBP会計期間バリアントを会社コードに割当
会計期間>オープン/クローズ: 会計期間OB52
通貨、換算レート
SAP NetWeaver>一般設定>通貨
チェック: 通貨コードSM30:V_CURCTCURC
チェック: 換算レートタイプOB07TCURV
定義: 外貨換算の換算比率OBBSTCURF
TCURWKRTS
換算係数の確認・更新
入力: 換算レートS_BCE_68000174TCURR換算レートのレート値を設定する
G/L勘定マスタ
財務会計>総勘定元帳>マスタデータ>G/L勘定>準備
更新: 勘定コード表一覧OB13T004勘定コード表の設定、勘定コードの長さを設定。
割当: 会社コード→勘定コード表OB62勘定コード表を会社コードに割当
定義: 勘定グループOBD4勘定グループの登録。以下を設定。
・番号範囲
・勘定グループの項目ステータス
追加処理>定義: 処理別の画面レイアウト処理別の項目ステータスの確認
定義: 損益繰越勘定(未処分利益勘定)OB53損益計算書勘定タイプ、および未処分利益勘定の設定
財務会計>総勘定元帳>マスタデータ>G/L勘定>G/L 勘定登録/処理>G/L 勘定編集 (個別処理)
共通編集: G/L 勘定FS00SKA1
SKB1
勘定コード表レベル、会社コードレベルの両方を設定
編集: 勘定コード表データFSP0SKA1勘定コード表レベルのデータを設定
編集: 会社コードデータFSS0SKB1会社コードレベルのデータを設定
財務会計>総勘定元帳>定期処理>伝票>定義: 財務諸表バージョンT011
T854
T854S
得意先・仕入先マスタ
財務会計>債権管理および債務管理>得意先コード>マスタデータ>得意先マスタデータ登録準備
定義: 得意先勘定グループ/画面レイアウトOVT0勘定グループの登録、項目ステータスの設定
定義: 会社コード別の画面レイアウト(得意先)会社コード別の項目ステータスを設定する
定義: 処理別の画面レイアウト (得意先)処理別の項目ステータスを設定する
登録: 得意先コードの番号範囲XDN1
割当: 番号範囲 -> 得意先勘定グループOBAR番号範囲を得意先勘定グループに割当する。
財務会計>債権管理および債務管理>仕入先コード>マスタデータ>仕入先マスタデータ登録準備
定義: 仕入先勘定グループ/画面レイアウトOBD3勘定グループの登録、項目ステータスの設定
定義: 会社コード別の画面レイアウト(仕入先)SM30:V_T079K会社コード別の項目ステータスを設定する
定義: 処理別の画面レイアウト(仕入先)処理別の項目ステータスを設定する
登録: 仕入先コードの番号範囲XKN1
割当: 番号範囲>仕入先→仕入先勘定グループOBAS番号範囲を仕入先勘定グループに割当する。
伝票転記
財務会計>財務会計共通設定
伝票>伝票番号範囲>入力ビューの伝票>定義: 入力ビューの伝票番号範囲FBN1伝票番号の番号範囲を登録
伝票>伝票タイプ>定義: データ入力ビューの伝票タイプOBA7T003伝票タイプの登録。以下を設定。
・番号範囲
・転記可能な勘定タイプ
伝票>明細>管理>定義: 転記キーOB41T030B転記キーの登録。以下を設定。
・転記可能な勘定タイプ
・借方or貸方明細
・伝票明細の項目ステータス
伝票>明細>管理>定義: 項目ステータスバリアントOBC4
会社コード>登録: グローバルパラメータOBC5項目ステータスバリアントを会社コードに割当
会社コードのグローバルパラメータ>通貨>換算レート差損益上限>定義: 会社コード別の換算レート誤差上限SM30:V_001_D
伝票>伝票変更ルール>伝票変更ルール – 伝票ヘッダOB32
伝票>伝票変更ルール>伝票変更ルール – 明細OB32
消費税>計算>定義: 消費税コードFTXPT007A
財務会計>総勘定元帳>取引
伝票分割>有効化: 分割SM34:VC_FAGL_SPLIT
調整転記/反対仕訳>許可: マイナス転記SM30:V_001_NP会社コードごとに、マイナス転記を許可する
調整転記/反対仕訳>定義: 反対仕訳理由SM30:T041C
準備: 会社コード間取引OBYA会社間取引用の勘定を設定
連絡文書
財務会計>財務会計共通設定>連絡文書
定義: 連絡文書タイプOB77T048
T001F
割当: 連絡文書タイプのプログラムOB78印刷プログラム、バリアント割当を連絡文書タイプに割当する
割当: 呼出機能T048Iトランザクションコードと連絡文書タイプの紐付け
SAPscript ペースフォーム>割当: 連絡文書印刷の書式名連絡文書印刷書式名の設定
定義: 連絡文書のセンダ詳細連絡文書書式の送信者詳細の定義
財務会計>債権管理および債務管理>会計トランザクション>決算処理>カウント(もしくは「件数」)>残高確認書>定義: 残高確認の返信住所残高確認書の返信用アドレスの定義(どこに送り返してもらうか)
財務会計>債権管理および債務管理>会計トランザクション>決算処理>カウント(もしくは「件数」)>残高確認書>定義: 残高確認の選択基準残高確認書の選択基準の指定(F.17に抽出条件項目を追加できる)
消込
財務会計>総勘定元帳>取引>未消込明細消込>準備: 自動消込処理OB74消込プログラム(勘定消込の自動消込)のルールを設定。
財務会計>債権管理および債務管理>会計トランザクション
銀行支払>銀行支払共通設定>定義: 消込転記キーT041A
T041T
勘定消込で使用される伝票タイプと、伝票タイプに紐づく番号範囲を設定。
銀行支払>銀行支払共通設定>定義: 換算差損益勘定OB09T030H換算レート差損益の設定(未消込明細換算差損益用の勘定設定)
入金>銀行入金共通設定>支払過不足>定義: 理由コード支払差額が発生した理由を管理するコードで、支払差額の分析と後処理に利用する。
銀行支払請求/クレジットメモ>更新: 支払条件OBB8T052
自動支払、督促処理
財務会計>銀行関連会計>銀行口座>定義:取引銀行FI12BNKA
KNBK
財務会計>債権管理および債務管理>会計トランザクション
銀行支払>自動銀行支払>支払プログラム用の支払方法/銀行選択FBZPT042
T042Z
自動支払処理の設定
督促処理>督促処理>定義: 督促処理FBMP
外貨評価
財務会計>総勘定元帳>定期処理>評価
外貨評価>準備: 外貨評価自動仕訳OBA1評価差損益の勘定コードを設定。
未消込明細の外貨評価は、OB09と同じ画面に遷移する。
デルタロジック有効化差分転記ロジックの有効化
定義: 評価方法OB59
定義: 評価領域SM30:V_FAGL_T033
チェック: 元帳グループへの会計原則の割当SM30:V_FAGL_TRGT_LDGR
割当: 評価領域および会計原則SM30:V_TACC_BWBER_PR評価領域に会計原則を割当
財務会計>財務会計共通設定>元帳>パラレル会計
定義: 会計原則SM30:V_TACC_PRINCIPLE
割当: 会計原則→元帳グループSM30:V_FAGL_TRGT_LDGR
その他
財務会計>総勘定元帳>定期処理>評価>長期債権、債務および引当金の割引>定義: 勘定OBB0貸倒引当金の勘定コードの設定
総勘定元帳>定期処理>組替>債権および債務の転送/ソート>定義: 売掛金/買掛金再グループ化のソート方法/調整勘定
※「組替」は「再分類」となっている場合あり
OBBU
総勘定元帳>定期処理>組替>債権および債務の転送/ソート>定義: 変更統制勘定の調整勘定
※「組替」は「再分類」となっている場合あり
OBBW
財務会計>債権管理および債務管理>会計トランザクション>代替統制勘定による転記>定義: 代替統制勘定
財務会計>ツール>チェック/代入
会計伝票のチェックOB28
会計伝票の代入OBBH
定義/有効化: 売上原価法会計の代入OBBZ
固定資産
財務会計>固定資産管理>組織構造
コピー: 参照償却表/償却領域EC08
SM30:V_T096_00
SM30:V_T093_00N
割当: 償却表→会社コードOAOBV_T093C_00
割当: 採番→会社コードAO11番号範囲を会社コードに割当
資産クラス>定義: 勘定設定SM30:V_T095A_01
資産クラス>登録: 画面レイアウトルールSM30:V_T082A_01
資産クラス>定義: 番号範囲間隔AS08
資産クラス>定義: 資産クラスOAOAT082A資産クラスの基本設定。以下を設定。
・番号範囲
・勘定設定
・画面レイアウト(項目ステータス)
資産クラス>定義: 償却表依存画面レイアウト/勘定設定
財務会計>固定資産管理>総勘定元帳との統合
定義: 転記方法(償却領域→総勘定元帳)SM30:V_T093_00N償却領域からG/L(総勘定元帳)への転記タイミングを制御。「領域によるリアルタイム転記」など。
割当: 総勘定元帳勘定AO90勘定設定にG/L勘定コードを設定
定義: 資産レポートの財務諸表バージョンOAYN償却領域に財務諸表バージョンを割当する
総勘定元帳への償却転記>定義: 償却転記の伝票タイプOBA7
AO71
セグメントレポート>有効化: セグメントレポート有効化すると以下が変更される。
・資産エクスプローラで、資産マスタに割当された利益センタが表示される
・AS01など資産を一括登録する際、利益センタおよびセグメントを手入力できる
総勘定元帳への定期的な取得価額転記>指定: 資産価額定期記帳の伝票タイプ定期記帳に必要なカスタマイズ
財務会計>固定資産管理
評価>定義: 資産クラスの償却領域OAYZ画面レイアウトを資産クラスの各償却領域に割当
評価>償却領域>定義: パラレル評価領域償却費のパラレル会計(複数元帳アプローチ)に利用する。
評価>通貨>定義: 外貨の償却領域OAYH償却領域の通貨を設定する
評価>金額詳細(会社コード/償却領域)>定義: 少額資産 + 資産クラスの最大限度額OAYK
OAY2
マスタデータ>画面レイアウト>定義: 資産マスタデータの画面レイアウトSM34:VC_T082G_10
SM30:V_T082A_01
SM30:V_T093_BSN_FUNCM
マスタデータ>画面レイアウト>定義: 資産償却領域の画面レイアウトAO21
マスタデータ>画面レイアウト>定義: 資産マスタレコードのタブレイアウトAOLA
AOLK
タブ構成をカスタマイズで制御
マスタデータ>自動登録: 設備マスタレコード>設定: マスタデータ同期の条件設備マスタと資産マスタを紐付けする機能。設備を資産に割当するには、設備マスタに資産番号を入力する。設備マスタと資産マスタの紐づきは、N:1。
取引>資産振替(関連会社間)>自動資産振替(関連会社間)>定義: システム間償却領域会社コード間で資産を振替する際、会社間の償却領域をマッピングする。
取引>資本化: 建設仮勘定>定義/割当: 決済プロファイルOKO7
OAAZ
建設仮勘定を固定資産に振替する際に設定
固定資産管理-減価償却
財務会計>固定資産管理>評価>償却領域>定義: 償却領域SM30:V_T093_00N
OADC
コード値の定義
財務会計>固定資産管理>減価償却
通常償却>設定: 償却領域OABN償却領域の設定
通常償却>設定: 勘定AO93減価償却費の勘定コードを指定
評価方法>償却キー>更新: 償却キーAFAMA
評価方法>償却キー>計算方法>マルチレベル方法AFAMS
評価方法>償却キー>計算方法>期間管理方法AFAMP
臨時償却>設定: 償却領域OABU臨時償却の償却領域の設定
臨時償却>設定: 勘定AO95臨時償却の減価償却費の勘定コードを指定
財務会計>固定資産管理>総勘定元帳との統合
割当: 総勘定元帳勘定AO90
総勘定元帳への償却転記>定義: 償却転記の伝票タイプAO71
総勘定元帳への償却転記>定義: 周期/転記ルールOAYR減価償却費のG/L連携タイミングを設定
追加勘定割当対象>有効化: 勘定割当対象勘定割当タイプの指定に必要な設定
追加勘定割当対象>指定: 勘定割当対象の勘定割当タイプACSET勘定割当タイプの指定に必要な設定

コメント

タイトルとURLをコピーしました