SAP認定コンサル-管理会計(CO)想定過去問_組織割当およびプロセス統合

SAP認定試験-管理会計の問題集です。実際の試験を受験、合格したうえで問題集を作成していますので、本試験に近い精度です。当問題での正答率70%が、本試験の合格水準になります。

SAP S/4HANAでは、振替価格ソリューションをどのようにして設定しますか。
※正解:2つ

A. 評価ごとに別々の元帳を使用する。
B. 評価ごとに別々の勘定を使用する。
C. 各評価の同じ元帳内で別々の通貨タイプを使用する。
D. 評価ごとに別々のセグメントを使用する。

正解:AC

結果分析を使用してどの金額を計算しますか。
※正解:3つ

A. 製造原価
B. 未実現損失引当金
C. 仕掛品
D. 売上原価
E. 売上総利益

正解:BCD

内部指図の計画統合を設定します。何を実行する必要がありますか。
※正解:2つ

A. 指図タイプの計画プロファイルで関連の区分を設定する。
B. 管理領域で関連の区分を設定する。
C. 内部指図マスタレコードで関連の区分を設定する。
D. COバージョンで関連の区分を設定する。

正解:CD

バージョン000のほかに、管理領域に対して別の計画バージョンを登録できます。追加のCOバージョンはどの目的に使用しますか。
※正解:2つ

A. 別の計画データを保存するため
B. 実績と計画の差異を保存するため
C. パラレル評価のデータを保存するため
D. 別の予算データを保存するため

正解:AB

SAP S/4HANAにおいて、次のどの場合に振替価格ソリューションを導入しますか。

A. 同じロジスティクスフローのパラレル評価ビューを、制度会計評価と利益センタ評価との間で区別する場合。
B. さまざまな会計原則に準拠するために、パラレル会計を設定する場合。
C. さまざまな会計原則に従って別々の製造原価を計算するために、パラレル価格計算を設定とする場合。
D. 会社間照合を効率化するために、パラレル価格計算と請求を設定する場合。

正解:A

内部指図に対して利用可能予算管理を有効化し、予算合計値として10000を入力しました。データを確認すると、前会計年度に実績値10000が転記されていました。また、現会計年度にこの内部指図に対して1000の購買発注が登録されています。これはどのような理由で起こっていますか。
※正解:2つ

A. 購買発注が予算とは異なる年度に入力された。
B. 1000の誤差は設定で定義された許容範囲内にある。
C. 購買発注によって予算伝票がまだ生成されていない。
D. 原価要素が利用可能管理の対象から除外された。

正解:BC

プロジェクトと内部指図向けに利用可能予算管理を設定します。利用可能予算管理を使用して、何を確認できますか。
※正解:2つ

A. 許容範囲に従って資金の利用可能性を確認
B. 期間レベルでの資金の利用可能性を確認
C. 計画合計値を使用して資金の利用可能性を確認
D. 対象通貨での資金の利用可能性を確認

正解:AD

コメント

タイトルとURLをコピーしました